さりげなく気遣いができる人

さりげない気遣いができる人は、相手に思いやることができるいい人の特徴です。「最近どう?」とか「大丈夫?」など、人を心配して声をかけることができる人はたくさんいます。しかし、言葉だけでなく、行動で細かい気遣いができる人は、本当にいい人と言えるでしょう。

たとえば何も言わずに荷物をもってくれたり、道を譲るなどさりげない親切ができる人は本当に優しい人です。しかし、気遣いを示した後、”やってやった!”など声に出したり、態度に出す人はNGです。人が望んでいることをさりげなく気遣ってくれる人が、本当にいい人である条件のひとつとして見極めるポイントなります。

いつも笑顔を絶やさない人

どんなときでも笑顔を絶やさない人は、本当にいい人です。だれでも自分の気分や余裕などに左右され、曇り表情になってしまうことがあります。しかし、本当にいい人は、自分が曇り表情をすると周りにいる人にどのような影響を与えるかを考えます。つまり、自分の笑顔で周りにいる人にパワーを与えたい!と常に思っているので、笑顔を絶やさないように努力しています。時には泣きたくなる気分の時もあるでしょう。

しかし、それを我慢し、人前で明るく笑顔を振るまえるのは、人としての芯の強さも備えており、自分をしっかり持っている人とも言えるでしょう。芯がブレなければ、人のうわさや意見に惑わされることなく、平常心で自分の意見や考えを保つこともできます。理想の相手の条件として、笑顔を絶やさない、芯の強い相手を見つけるようにしましょう。

友達が多い人

本当にいい人は、友達がたくさんいます。人がいいので、自然と友達が近づいてくるのです。冗談をいつも言うユニークな人や調子が良い人の回りにも人は集まりやすい傾向がありますが、すぐに人は離れてしまいます。なぜなら、それはひと時のもので、人として尊敬することができないからです。ですから、いつも同じ人が周りにいて、新たな人脈が拡大しているなら、その人は本当にいい人と言えるでしょう。

そして、本当にいい人は、損得を考えないので、たとえ自分に損になることでも快く動いてくれます。つまり、親身になって人の話をよく聞き、何でも安心して相談することができるので、自然と周りに人が集まってくることでしょう。是非、出会った相手に、友達がどのくらいいるか確認してみるようにしましょう。