婚活で断る時に心がけるべきこととは?

婚活をしていると、だれもが一度は”断られる”ことを経験することでしょう。多くの方、理想的ではない異性からアプローチされた時、どのように断ればよいのだろう・・?と悩みます。しっかり断ることができなければ、ズルズルと関係が続いてしまい、相手に過度の期待を持たせてしまい迷惑をかけてしまいます。

ですから、お付き合いをしたくない!と判断したなら、早い段階で丁寧にお断りすることが親切と言えるでしょう。些細な理由で断ってしまうと、せっかくの出会いのチャンスを台無しにしてしまうことになるので、しっかりと向き合い、どのような人なのか理解した上で、慎重に判断することをおすすめします。

けんか腰になる言葉は避けること!

相手に断りを入れると、その理由を聞かれるかもしれせん。もしそこでけんか腰の態度を取ると、トラブルを引き起こしかねません。ですから、丁重にお断りする必要があります。その際、たとえ本当のことだとしても「顔がブサイクで好みではないから」とか、「ファッションセンスがないから」、「収入が少なすぎるから」などの理由をストレートに述べることはNGです。

断ること自体が相手を傷つけるので、相手を否定する言葉を述べないようにしましょう。また、相手を傷つけないようとするあまり、長々と意味不明の言葉を述べたり、長文のお断りのメッセージを送ったりするなら、相手に意味がはっきり伝わらないかもしれません。曖昧な言葉で断ることは、相手に誤解を招きますので注意しましょう。

どんな方法で断ればいい?

では、どのような方法でお断りをすればよいのでしょうか?それにはメールやLINE、手紙、直接話すなどさまざまな方法があります。それぞれメリットとデメリットがありますが、一般的に断りやすいと言われているのはメールです。なぜなら、口に出して断ろうとすると緊張してしまい、何を言っているか分からなくなってしまうことがありますが、メールなら前もって断る言葉やフレーズを選ぶことができるからです。

また、文章にすることで、送信する前に読み返すこともでき、相手を傷つけない言葉で断れます。また、メールで断るなら、相手の顔や感情を汲み取ることはできないので、情に流されてしまうことを避けれます。いずれにせよ、どんな方法で断るにしても相手を傷つけることに変わりはありません。ですから、断る際には、やり取りをして自分のために時間を割いてくれたことへの感謝の気持ちを忘れずに伝えるようにしましょう。