SNSアカウントをさりげなく聞く方法

SNSのアカウントの交換は、気になる異性に近づくために欠かせません。アプローチの仕方によっては、相手に不快を与えてしまうので、慎重に行う必要があります。では、どのように連絡先の交換を提案できるでしょうか?まずひとつ目の方法として、ストレートに「IDを交換しよう!」と言えます。単刀直入に聞かれると男らしく、下心がないように感じとれ、好意も伝わる効果的な聞き方のひとつです。

また「今度ごはんに一緒に行きたい!」とデートに誘いながら、ID交換を提案することもできます。単なる社交辞令でないことを伝えることで、期待を高めさせることができるでしょう。また別の方法として、少し控えめな態度で「良かったら連絡先を教えてもらえますか?」と言えるかもしれません。誠実な接し方で、相手の心を開けるでしょう。

会話が盛り上がった段階で連絡先を交換しよう!

連絡先の交換は終盤に行われがちです。しかし、一番交換しやすタイミングは、会話が盛り上がっている時、と言われています。ついつい連絡先の交換は後回しにしてしまいがちですが、是非、会話が盛り上がった時点で「連絡先を教えて!」とストレートに聞いてみるようにしましょう。もし自分で連絡先を聞くことに抵抗があるなら、参加者のLINEグループを作ってもらうことができるかもしれません。しかし、本当に気になる異性に出会えたなら、自分でストレートに交換先を聞くことが、好感度アップにもつながるでしょう。

こんな態度をしている人は連絡先を交換したいと思っている!

連絡先を交換したくても、女性は恥ずかしくて切り出すことができません。そこでさりげなく男性にアピールしている女性は少なくありません。では、連絡先を交換したい!と思っている女性は、どのような態度をするのでしょうか?会話中にスマホを取り出して手元を見て欲しいとアピールしたり、SNSの話題をしてきたら、連絡先の交換を提案をしてみましょう。

特にSNSの話題を出してきたら、すぐに連絡先の交換へとつながるようです。また、「スマホが見つからない・・」と言って、相手のスマホを使って自分のスマホに電話する、というちょっとした演技をする女性もいるので、連絡先を聞いてあげましょう。さらにプライベートの話を質問してきたり、「もっと話がしたかった」とストレートに意思を表示されたなら、男性側から連絡先を聞いてあげるようにしましょう。